2008/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2009/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同窓会の写真をアップしました。

必要うな写真があれば、各自ダウンロードしてください。
また、個人情報・肖像権の問題で不都合な写真があれば、お申し出ください。
削除いたします。
現時点では、どなたでも閲覧できる設定になっていますので、期日を切っての掲載と致します。

合同同窓会写真集

操山高校専用写真集
操山さんからの依頼で作りました。もちろん、他校の方も写っているかもしれませんよ。

スポンサーサイト
山下@芳泉です。

1月3日、4校合同同窓会が無事執り行われました。
皆様、お疲れ様でした。

お世話くださった幹事さんたちは11時前に集まり、着々と準備を進めています。


会場の準備も・・。


懐かしい顔ぶれの楽しそうな会話が聞こえてきそうです。


各校の同窓会旗を並べて・・・
な・なんだ??この大きさの違いは???(笑)
芳泉、大きすぎてすいません・・。


朝日さんの手による、本会のテーマ「蘇れ!4校戦」の飾りつけ。
色分けされたモールは4校戦時の各校のチームカラーです。
左から、朝日・操山・大安寺・芳泉


出席者が入場し、開始を待つ会場


今回、司会の大役を引き受けてくださったのは、朝日の角道さんです。
流暢なしゃべりと機転を利かせた話術で会場を盛り上げてくださいました。
sikai.jpg

朝日の岡さんによる開会の辞
開催にたってのいきさつ、幹事たちの苦労、熱い思いなどお話いただきました。


壇上には各校の恩師が揃い、元気なお姿を見せてくださいました。
左から、朝日:太田耕次郎先生 ・大安寺:梶岡七大彦先生 
    ・芳泉:中野茂生先生 ・操山:金谷方子先生


各先生よりお話をいただきました。
当時の懐かしい思い出、今だから言える秘話などに生徒たちは興味深く聞いていました。


恩師のお話が終わり、乾杯です。
乾杯の発声は操山の水田さんです。


懐かしい出会いと新しい出会いに乾杯!


しばし歓談(歓談模様は別途掲載します)


さて、今回の目玉、会のタイトルにもなっている30年後の4校戦の開始です。
本来なら、各スポーツで当時のように競えばいいのですが
(当初、企画段階では、そういう声もありました)
段取り、何にも増して年齢からの怪我の心配から、かわいくクイズでの4校戦です。
当時のいろいろな話題からクイズを作り、それを○×で答えて優劣を競うと言うもの。

製作いただいたのは操山さん。
司会進行は田中さんと沖本さん
夫婦漫才のような軽妙な掛け合いで盛り上げていただきました。


クイズに対し、○×のプラカードをあげ、正解数を競います。
優勝のテーブルには豪華景品とその学校の校歌を一番に歌う権利が与えられます。
クイズは難問奇問を駆使し、容易にはわかりません。
例:サザンの桑田はドリフターズに勧誘された???
答え:○ 
って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きっと大人正解率4,5%でしょう・・・



クイズが終わり、集計の間、しばし歓談。
先生同士も昔に思いをはせて・・・。


30年たっても気持ちは昔のまま~~。


さて、クイズの結果発表!
優勝は操山! 以下大安寺・朝日・芳泉でした。


優勝チームに豪華景品


さあ、名誉の校歌一番歌です。
操山さんは当時の応援団長がガクランを背負い込み、エールをきっての奮闘です。


2番手は大安寺。こちらは、チアリーダによる校歌エールです。


朝日さんは大挙、壇上での合唱。


最後、芳泉はW大学で応援団所属のK君のエール。
さすが、迫力ありでばっちりしめていただきました。


さあ、会も終焉をむかえ、皆で締めをすることに。
大安寺の笹嶺さんの音頭で大安寺で伝統となっている5本締めを行いました。
1本指からはじめ、2本3本と増やし、最後は5本の指でしめるというもの。
軽妙なトークに引き込まれ、写真撮るの忘れてしまいました。すいません・・・。


芳泉・山下が閉会の辞を述べました。


後、皆で写真を撮りお開きとなりました。


参加いただいた皆様、いかがでしたか?楽しめていただけたでしょうか?

この企画を聞いたとき、正直、知らぬものが集まっての同窓会もないだろうにと思いましたが、
実行委員会の集まりでは、同じ時代を生きたものとして、容易に共通の話題、共通の友人が見つけられすぐ打ち解けることが出来、自信をもって会を催すことができました。

本日のこの会場も、懐かしい出会いと新しい出会いが混ざり合ったすばらしい時間が持てたと思います。この年齢になって、あらためて人と人がつながってることがわかったような気がします。

お世話くださった実行委員のご尽力にお礼を申し上げると共に、
参加くださった皆様に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

またこのような企画ができればと思います。

またお会いしましょう!。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。